【ジムやめた】自宅トレに必要なものはたった2つ

  • 2020年2月29日
  • 2020年3月4日
  • Workout

こんにちはユーキです。

先日ジムをやめました。【ジムやめた】筋トレ副業ブロガーは自宅トレ!

関連記事

ジムって最高!だけどジムやめました。 サラリーマンしながらジムに行くとブログ書く時間ない… 稼いでいるブロガーはみんな筋トレやってるから筋トレも積み上げなきゃ。 ジムトレ[…]

 

今回の記事は、ジムをやめて自宅トレに切り替えたい、もうジムやめたよって人向けでジムに通うより自宅トレで得られるものを理解し、自宅で継続的な筋トレができる環境をお届けします。

自宅トレのメリット、デメリットは?

自宅トレのメリット

ざっくりと以下の感じがメリットですね。

  • 隙間時間でトレーニングできる
  • 着替え不要
  • 洗濯物増えない
  • 移動時間ゼロ
  • 会費ゼロ

圧倒的にメリットによって生まれるものがあります。

そうです。”時間とお金です

・ジムで筋トレすると約1時間半ほど必要です。隙間時間で自宅トレすればおよそ1時間は捻出できます。

・洗濯物もウチの場合、汗モノは別洗いですので1回余計に洗濯回してます。

・移動がなければ時間もガソリン代も掛かりません

・月々の会費も不要です。

 

自宅トレに変えると時間お金が生まれます。

僕はブログの優先順位を上げたので時間を作る必要がありました。ジム行くと何だかんだで時間かかっちゃいますよね。

自宅トレのデメリット

デメリットを考えると

・モチベーションが上がらない

・マシーンが置けないのでベンチプレスとかできない。

 

意外と思い浮かばなかったです。自宅トレでもなんとかなりそうな程度です。

自宅で筋トレって効果薄くない?

ジムって効率的に筋トレが出来ますよね。対して自宅だと『マシーンもないし効果が出にくい気がする』そんな声が聞こえてきます。

効果が薄いと思っている先入観を覆していきます。

 

自宅で筋トレ効果を上げる方法

自宅トレで筋トレ効果を上げる方法は以下の2点です。

  • 最低限のトレーニング器具を揃える。
  • 自重トレはやらない

この2つをやればジム並みにトレーニングできます。

 

効果よりも継続を意識しよう

あなたの目標が『今年の夏向けて、体を絞りたい』『来月までに体重落とさなきゃ』こんら目的があるならジムトレをおすすめします。

パーソナルトレーナーまではお願いできないものの、ジムトレだけでも短期的に効果が上がるのは確かです。初心者ですと実際3ヶ月くらいで一番効果が出やすいですからね。

 

ただ、それよりも継続することが大事って思うんですよね。

夏が終わったら筋トレ終了。。。これってもったいないです。

     目標は継続した筋トレ

自重トレだけは現状維持【成長なし】

自重トレだけで筋肉増量は相当頑張らないと達成できません。圧倒的に負荷が足りないので筋肉増量にはやはりウエイトトレーニングが必要です。

自重トレは基礎体力、筋トレ初期には体を慣らす感じであれば、程よく効くのでいいですよ。

 

自宅トレに必須のアイテムって何?

モチベーションアップと効果的なトレーニングにはアイテムが必要です。自重トレはダメですよ。

必要なアイテムはこの2つ

  • ダンベル
  • インクラインベンチ

ダンベルは片手15kgの30kgセットで十分です。片手10kgは女性向けです。

片手20kgは筋トレ上級者向けです。一段階アップしたら買い換えましょう。

上記の40kgタイプはバーベルにもでき、ベンチプレス初心者にもちょうど良い重量になりますがその場合ベンチプレス用のトレーニングベンチが必要になってきます。

部屋が広いならベンチプレス用のトレーニングベンチとこの40kgセットでも問題ないと思います。

もう一つはベンチ。で、このインクラインタイプ。フラットだとメニューが限られてくるので物足りなくなり、筋トレへのモチベーションが落ちてしまいます。できればインクラインタイプを先行投資しておいた方が良いです。

こちらは折りたたみ式ですので、奥さんに邪魔って言われてもしまう事ができるので安心です。

ご自身のレベルと部屋の広さも考えて揃えてくださいね。
グローブから必要な方はこちらもどうぞ。
あ、それとプロテインも忘れずに飲みましょうね。
関連記事

ジム入会が済んだら揃えておきたいウエイトトレーニングに必要な3つのアイテムを紹介します。https://twitter.com/yuppyyskw/status/1129643266826092544 先日[…]

@yuppy_kakeru