【2019年3月】Google AdSense合格まで是正を繰り返し学んだ事

GoogleAdSense申請不承認のメールが来ても、どこをどう直せばいいのか分からないですよね?

もちろんGoogleは教えてくれません。さらに何度も不承認が続くとブログの壁にブチ当たった感じがして、半ば諦めモードになっちゃいますよね。。。そう、僕も諦めかけましがGoogleAdSense5回目のひょんな申請で承認を掴みました。詳しく解説された合格記事が多々ありますが、正直何が正解かはホントに分かりません。ですが、僕も他の合格記事に助けられたのも確かですので僕のパターンも誰かの為になればと思い、情報鮮度のある内に届けます。

 

更に、是正を繰り返す内に学んだ事と気付きを書き記しておきます。Googleの検索結果という中でブロガーやアフィリエイターは勝負していく事になるので改めて気付かされる結果となって、今では不承認は逆に良かったと思いました。

 

すみません、前置き長くなりました。 それでは行きましょう。

合格時のブログ状況

  • 投稿数7記事+固定ページ2記事
  • 問い合わせページ
  • プライバシーポリシー
  • 平均文字数1500
  • アフィ広告無し
  • 外部リンク無し

アドセンス合格にはいろんなパターンや意見が飛び交ってます。3記事で合格や一発で合格など、はたまた20記事は必要ですや不承認後は2週間空けたが良いみたいな事も。不承認を何度ももらってる状況では何が正解かホントに分からなくなり迷走してしまいますが、Googleとユーザーに寄り添えば自ずと結果は付いてきます。

計4回の不承認時に是正した点。

僕がGoogleから指摘された内容は4回とも以下でした。

 

複数のポリシー違反が確認されたため、サイトを承認できません。

価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について

いやいや、コピーなんかしてないのにーっ!と、もちろん思いました。

 

でも、冷静に考えると山ほどあるサイトの中には近い文章は必ずあります。そこは素直に納得した方が切り替え早くなります!

 

では、時系列で振り返ります。


第1回申請2019年02月20日22:59】

第1回不承認【20190年03月02日05:07】

・noindexで申請してしまい不承認(無知過ぎて笑)

・5記事


第2回申請【2019月03月02日12:30】

・indexだけして即申請。

第2回不承認【2019年03月03日05:57】

ポリシー違反の可能性がある点を考察してみる。

 

1.すでに掲載している広告(ハピタスを掲載している)

内容の薄いアフィリエイトに該当?ハピタスのバナー広告を削除。(文章は残した状態)

 

ASPバリューコマースの承認前に貼っていたメルカリアプリの紹介バナーの残骸を思い出し、削除。

 

【コンテンツポリシー規約違反】ユーザーに報酬を提供する事で、広告や商品のクリック…

 

この時初めて、ポイントサイトを紹介するリンクはNGだった事を知りました。

 

2.CCD(無料コピぺチェックツール)を試す

→良好判定。類似判定24%とあるがこのまま再申請してみる

 

3.フリー画像がコピぺと判断されるのか?

サチコンで画像のみのインデックスサイトはなかった事を確認。

一応ALL in SEO Packでnoindexをデフォルトのメディアにチェック

→フリー画像はおそらくAdSenseには関係なし。

→noindex対策済み

 

4.YMYLの疑い

→無し

 

5.投稿していないカテゴリがある→コンテンツの無いサイトとみなされる?

投稿していない「アフィリエイト」のカテゴリーを削除。

 

6.プロフィールを固定ページに?

念の為、投稿から固定ページに移動させる。(根拠はないです。)

 

サイトマップの必要性をgoogleサチコン内で見かけたが、面倒だったので設けてません。

NGワードないか単語チェック

AdSense申請時にGoogleが提供するサービスについての記事があるとNG?って記事見かけたが、Googleドキュメントについての記事は残して申請。


第3回申請【2019年03月03日11:30】

第3回不承認【2019年03月04日07:00】

 

ポリシー違反を再度考察

 

複数のポリシー違反が確認されたため、サイトを承認できません。

価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について

1.ご丁寧に書いてあるので、やはりコンテンツ複製を疑った方が良いのでは…と考え。

再度CCDし類似部分のリライトを行う。

 

2.連続一致文字をリライト。

24文字連続一致あり。修正。

28文字連続一致あり。修正。

 

3.ポイントサイトを紹介していた文章を削除」してみる。

4.メタキーワードにメルカリ、ハピタスがあったので削除する。

 

5.外部リンク3箇所あり。(マナブログ、jetpuck連携説明のサイト、ハリーサーフ)

外部リンク削除


第4回申請【2019年03月04日22:00】

第4回不承認【2019年03月09日06:04】

 

この時はさすがに、もぅ意味わかんない( ´Д`)y━・~~

 

AdSense諦めモードに入りました…。

 

だって、修正するところもう、思いつかないんだもん。

 

今まで不承認後、是正してその日に再申請をしてきたんですが、さすがに4度目からの1週間は一切修正しませんでした。(というより、する気にならない状態…)


第5回申請【2019年03月15日21:49】

(合格となる申請です)

 

再申請をしなかった1週間の間に2記事投稿(この時点で計7記事)していました。休日前にダメ元で何となく再申請してみた。

 

ほんとになんとなく

 

この数日前にGoogleコアアルゴリズムMarch 2019 Core Updateが行われた。

(AdSense申請との関係性へは不明です。)


翌日の【2019年03月16日09:53】おめでとうのメールが届く。

こんな感じで来るとは思わなかったですね。

 


これまでの是正をまとめると、何が原因か知りたい気持ちもあったので小さく修正しては申請を繰り返しました。ですが、結局決定打は不明でした。

 

この4回分のチェックポイントを一度に気付くことはなかなか難しいと思います。繰り返しの中で少しずつ気付いて来ますので、その都度修正で良いと思います。

 

設定を先に変更してみる→それでもダメ→記事に問題あり

という流れ。

 

GoogleがAdSense申請で運営者に伝えたい事とは

AdSens不承認中は、合格にフォーカスしすぎて間違いは何なのかばかりに気が向いてしまいます。

 

コンテンツポリシー規約等は遵守することが大前提ですが、Googleが運営者に一番伝えたい事は以下ではないでしょうか。

 

 

  • 良質なコンテンツの提供
  • 独自の情報を提供
  • ユーザビリティの配慮、向上

 

 

誰かの為になるコンテンツ

問題解決されているコンテンツ

 

そこに独自の情報があり、オリジナリティが出せているか

 

そして、ユーザーが容易に検索結果にたどり着けるか

 

ではないでしょうか。

 

気付き

最後にAdSense合格での気付きを。

 

きっと、GoogleはAdSense審査の場を使って運営者へポリシー違反等の物理的な間違いと共に上記の点に気付いてもらう事が一番の狙いだと自分は思いました。

 

今後のあなたのサイト構成に必ず影響する事ですのでしっかり考え、ブログ更新して行きましょう。

 

ただ記事を量産する時代はすでにオワコンなわけで、質と量と継続、改善が伴って検索上位に行けるんです。

 

記事はGoogleに向けて書くのではないですよ。記事を読むのは読者さんです。

 

 

諦めずに頑張りましょう。

では。

 

@yuppy_kakeru